| http://www.kabnet.co.jp/ | 会員制度 | 入会案内 | 有料メルマガ | 有料お試しメ−ル会員 | 無料銘柄診断 |

今後の見通し
兜町インターナショナル株式会社 提供 無料株式情報
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有料メルマガ ⇒⇒⇒⇒■お申し込み案内■
有料お試しメール会員(先物 ブル・ベア)⇒●お申し込み案内●
★ 2月25日 木曜日


   日経平均     16140円       +224円


※◎データによれば

 「2月25日号」  木曜日
  

       日経平均 16140円         +224円


 『 ◎「空売り比率」

 「空売り比率」の高原状態(40%超)が昨日で7日連続となった。昨年の9月以降でこうした状況が5日間以上続いたケースは今回を含めて計「5回」ある(今年に入って4回)。
 


この空売り比率の高原状態が続いた場合、日経平均は概ね下げるケースが多いが、特に5日以上連続した場合は例外なく大きく下げていることが分かる。

 
 ・昨年9月1日〜8日     6日連続   (−738円)   → その後 +1343円
 ・今年1月4日〜8日     5日 〃    (−1767円)  →      下げ渋り
 ・〃  1月13日〜22日   8日〃     (−1700円)  →      +1888円
 ・〃  2月5日〜12日    5日〃     (−2028円)  →      +1476円
 ・〃  2月16日〜現在   7日〃     (−588円)   →        ?



 ※前回までの動きから、「空売り比率」の高原状態が一旦終わった後に日経平均は概ね反発していることが分かる(右側の数字)。又、高原状態が続くにも一定の限度というものがある(40%以上の数値が出ること自体、異常なことであり、それが何日も続くことは稀なことである)。

 

もう一つ注目したいのは、今回のケース(7日連続)では日経平均の下げ幅が極めて少ない点である。その理由として、一つには”売り叩き”が入っていないこと、二つ目には世界の波乱要因(株価、原油)が沈静化してきたことを窺わせる。

 
何れにしても、今回の「空売り比率」の高原状態もそろそろ途切れる頃合いに来ているものと思われる。データを重視するなら今後の反発に期待するところであろう


        <本日の当社「有料メルマガ」から>


※当社「有料メルマガ」では昨日からこうしたデータを紹介している訳ですが、そろそろそんな感じになり始めてきた様に思われます。保ち合い離れの準備構成は最終段階に入りつつある。


有料無料問わず、始めなければ何も始まりません 尚、継続は【力】也
是非自分のスタンスにあった情報を活用して下さい。

有料お試しメール会員(先物 ブル・ベア) ⇒⇒ お申し込み案内 【見本】
有料メルマガ ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ お申し込み案内 【見本】

連絡を取り合いながら一緒に前進しませんか?
お気軽にご連絡下さい
 電話会員募集中 ヽ(^。^)ノ

03−3292−2202

有価証券の運用には、価格変動リスク、株式発行者の信用リスク、流動性リスクがあります。運用の結果、元本を割り込み、損失を被ることがあります。リスクに関して詳しくは契約締結前の書面をご覧下さい。


まず第一歩を踏み出しましょう!!
ご相談は03−3292−2202にて
常時OK・何でもOK

※お断り:この無料株情報についての注意事項
 当欄は会社の見通し以外に書き手の個人的な思惑がかなり入っています。
 会員の方々はFAX情報などを参考にして頂く様お願い致します。又、一般の方々もそういうことですので適当に楽しむ程度にしておいて下さい。



| http://www.kabnet.co.jp/ | 会員制度 | 入会案内 | 有料メルマガ | 有料お試しメ−ル会員 | 無料銘柄診断 |
■■