| http://www.kabnet.co.jp/ | 会員制度 | 入会案内 | 有料メルマガ | 有料お試しメ−ル会員 | 無料銘柄診断 |

今後の見通し
兜町インターナショナル株式会社 提供 無料株式情報
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有料メルマガ ⇒⇒⇒⇒■お申し込み案内■
有料お試しメール会員(先物 ブル・ベア)⇒●お申し込み案内●
★ 11月16日 月曜日

   日経平均     19393円        −203円
    

※◎情報先取り


米国株は実は弱い? (当社「情報紙」11月9日号)

株価には“悪い上昇”と“良い上昇”と二つのパターンがある(下落も同様)。敢えて言うなら現在の米国株がその前者に当たる。もっとも、一般的な評論の中には現在の上昇を支持する向きも多い。というか圧倒的に多い。幾つかその事例を拾ってみると

(1)NYダウが200日線を上回ってきたことで強気のサインが点灯し始めてきた。その強さは、ここにきての上昇幅にも表われており、5月高値〜8月安値の間で生じた下げ幅の約80%を回復したことになる。(※3分の2戻りは全値戻りに通じる)。こうなると、先ずは「18,000ドル」への回復が視野に入ることになるが、最終的には史上最高値(18,351ドル)へのトライも有り得るか。


(2)日本株の類似チャートであるナスダック指数に二つの超強気シグナルが出現した(先週)。一つは三つの短い陽線が連なった「三ツ星」、そしてもう一つはその直後に出た二つの陽線「赤並び」である。前者は上か下かの分岐点を表わし、後者は酒田五法で言うところの“もっとも強き足”の出現である。


※現段階で、当社はこの(1)と(2)の強気見通しを支持しない。理由は次の項でお伝えすることにするが、チャートの解説というのは押しなべてこうした類が多くなりがちである。つまり、“下げて弱気、上げて強気”というパターンだが、目先はどうであれ何れ米国株には本格的な大下げが起こる可能性がある』

    <11月2日発行 当社会員さん向け「情報紙」から>


※因みに、この「情報紙」を発行した日のNYダウは「17828ドル」。その翌日に「17977ドル」の高値を付けた後、僅か9日間(立会い日数)で「700ドル」を超える下げに見舞われた訳ですが、そうしたリスクに備えて買いを奨めていたのがコード「1552」の優れもの(当コラムの11月12日付けを参照)。やはり、「情報」は先取りすることで優位に立てる!

有料無料問わず、始めなければ何も始まりません 尚、継続は【力】也
是非自分のスタンスにあった情報を活用して下さい。

有料お試しメール会員(先物 ブル・ベア) ⇒⇒ お申し込み案内 【見本】
有料メルマガ ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ お申し込み案内 【見本】

連絡を取り合いながら一緒に前進しませんか?
お気軽にご連絡下さい
 電話会員募集中 ヽ(^。^)ノ

03−3292−2202

有価証券の運用には、価格変動リスク、株式発行者の信用リスク、流動性リスクがあります。運用の結果、元本を割り込み、損失を被ることがあります。リスクに関して詳しくは契約締結前の書面をご覧下さい。


まず第一歩を踏み出しましょう!!
ご相談は03−3292−2202にて
常時OK・何でもOK

※お断り:この無料株情報についての注意事項
 当欄は会社の見通し以外に書き手の個人的な思惑がかなり入っています。
 会員の方々はFAX情報などを参考にして頂く様お願い致します。又、一般の方々もそういうことですので適当に楽しむ程度にしておいて下さい。



| http://www.kabnet.co.jp/ | 会員制度 | 入会案内 | 有料メルマガ | 有料お試しメ−ル会員 | 無料銘柄診断 |
■■